キャッシング 家賃

お金に関する専門家にはどんな人がいる?|家賃が足りない時はキャッシングで

弁護士に相談することでのメリットは多い

家賃が足りなくて複数の会社からキャッシングをして借金が膨らんで多重債務に悩まされている時、お金の貸し借りについてトラブルになってしまった時などお金に関する相談は専門家にするのがいいと言われています。
専門家には弁護士、司法書士、行政書士などを思い浮かべると思います。

 

基本的にお金の相談に関してはどの資格を持つ人にもできますが、この3者の違いは弁護士は代理人(依頼者に変わって権限を全て代理する人)になれますが、その他の2つは代理人にはなれないということです。
更に司法書士は借金の金額によっては手続きなどできる範囲が限られており、裁判所への申し立ては自分で行わなければならないこともあります。

 

ある年の自己破産をした人で司法書士に手続きを依頼した人は全体の1%未満とも言われており、特に債務整理をする際には弁護士に相談すると書類の作成から裁判所への届出など一連の作業を全て行ってくれるため、弁護士に相談した方がメリットが多いと言われています。
ただし弁護士でも「お金の問題は専門外」という人もいるかもしれないので注意が必要です。